1. TOP
  2. サービス案内
  3. サービス案内(蓄電池設備)

サービス案内(蓄電池設備)をご紹介

蓄電池設備

ビルや工場の消火栓、自動火災報知設備などの消防設備の非常用電源などに使用され、通常は充電状態にありますが、供給電源が遮断されると放電状態に切り替わります。
電力会社・消防署との協議・申請手続きから施工までご対応させていただきます。

蓄電池設備設置工事

非常用電源としての蓄電池設備の設置を行います。
用途として様々なケースがありますが、例えば太陽光発電で作られた電力をためておいたり、非常用発電設備のスタートアップを補う電源として使用されることがあります。

無停電電源設備(UPS)設置工事

無停電電源装置の設置を行います。無停電電源装置(UPS [Uninterruptible Power Supply])は、電池や発電機を内臓し、停電時でもしばらくの間コンピュータに電気を供給する装置です。

定期点検

非常用発電用途に使用される蓄電池設備には法律で定められた法定点検を行わなければなりません。
一般的には、消防法にて定められた年2回の定期点検(目視点検・試運転点検)があります。この場合の定期点検状況は消防への報告が義務付けられています。

メンテナンス

非常電源として使用する蓄電池設備の適正な維持・管理を図るために点検及び整備を行います
メンテナンスを定期的に正しく行うことで、万一供給電源が遮断された時にも万全の備えとすることができます。
【メンテナンスサービス】
■触媒栓交換
■バッテリー液補充
■バッテリー交換

pagetop